ママに会いたい

突然逝ってしまった妻への思いを吐き出すと共に、11歳の長男、9歳の長女、3歳の次男を育てていくため悪戦苦闘する日々を綴ります。

12月1日運命の日(1)

www.ysketom.com
続きです。

12月1日はパパが仕事なので、ママににいにの退院付き添いをお願いした。お願いしてしまった‥‥‥‥

この日の朝、早朝からの仕事の為自宅を早朝5時過ぎに出た。
普段朝早い日は遠慮がちに、普通の日はなるべく、ママにおにぎりを作って貰っていた。
この日は朝早かったので、自分だけこっそりと、けんけんを起こさないように、ママとけんけんが寝ているところ先に起きて寝室を出て、身支度を整えていた。





支度途中で、ママが起きてきてくれた。
あるいは最近の体調不良(ぜんそく)から眠りが浅くて起きてきたか、いつもおにぎりを作ったりコーヒーを入れてくれていたからこの日も起きてきてくれたか、今となってはもう分からないが、パパのために、おにぎりを2つ握って持たせてくれて、コーヒーも入れてくれた。パパはありがたくコーヒーをいただき、おにぎりを携えて仕事に出勤した。出掛ける際はママが玄関で見送りしてくれた。パパは「今日にいにの退院付き添いよろしくね」とママに声を掛けるとともに、出かけぎわにママの手を握って「行ってきます」と言って出た。このときはまさかこれが最後になるだなんて夢にも思わなかった。ママの手の温もりは、夜ママを連れて帰る際段々と体温が下がり冷たくなっていったときと比べて、とても温かかったと今でも覚えている。

ここから先、にいにの退院のことについては、ママのお母さんから聞いた伝聞だ。

パパから「午前中退院」と聞いていたママは、午前中のうちに病院へ行った。けんけんを伴って。
どこで合流したか分からないがお母さんに病院に来てもらう。にいにに付き添うためには連れてきたけんけんを見ている人が必要だからだ。小児科病棟には小学生以下の子供は立ち入れないのだ。




ここで問題が発生した。私は抗議など行ってはいないが、事前に病棟の看護師からは、にいには午前中退院(昼食は無し)と言われていたが、にいに昼食出た。こちらサイドとしては午前中退院と言われても、何時までに来て下さいとは言われていない。面会は 11時からなのでその時間に来院する。そしてすぐ退院なのだとおもっていたが‥‥‥‥
退院の許可等確認の不徹底から手違いが生じたのか?よくわからないが、最初から確認を徹底して欲しかった‥‥‥‥この後夕方最悪の結果が発生しただけに‥‥‥‥

ママもにいにもけんけんもおばあちゃんも長時間待たされた。端的に言うとにいにの昼食後に退院となった。この辺りは伝聞なので定かではないが、「14:07」ママから「にいに退院して家にいるよ」とメールが来ているのでそうなのだろう。ママやけんけん、おばあちゃんが昼食をどうしたかは聞いてはいないが、待たされた分疲れただろうと思う。ただ、これがパパとママの最期の通信となった。

続きはこちら
www.ysketom.com

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ