ママに会いたい 最愛の妻との 死別

2017年12月1日、最愛の妻と死別し、突如父子家庭となり11歳の長男、10歳の長女、3歳の次男の子育てに悪戦苦闘しながら、前に進んだり後ろを向いたり横を向いたりする日々を綴る雑記ブログでである。

クレジットカード審査最短2分で完了って本当?審査に要する時間は3時間?3日?

まず冒頭最近の私の狂ったツイートを紹介する

私のツイッター

ヨス @ママに会いたいinはてなブログ (@ysketom08201) on Twitter
フォロワー募集中 RTしてくれると喜びます。

1 5:04 AM · Aug 17, 2018(2018年8月17日午前5時4分)投稿
大切なパートナー、家族がいる方など多くの方に是非読んで欲しい記事です。
最愛の妻への想い夫婦について・ワークライフバランス・子育てについての苦悩・後悔。当ブログの想いが詰まってます。
www.ysketom.com

として、この記事は実際のところ未完成状態で一旦7月1日にアップしツイッターの先頭に固定しブログ仲間を募集し、拡散RTを希望したところ多くの「いいね」と「RT」をもらいブログ同士も増えた。また、後半部分については、今後のこと私の仕事についてやら人生観について大幅加筆し完成したものを8月17日朝ツイートして紹介した。

9月11日現在私のツイッターアカウントでは最大のRT数25 いいね56

バズりたいとは言わないけどもっとRTいいねもらいたいなぁ

2 6:33 AM · Sep 11, 2018(2018年9月11日午前6時33分)投稿
  今は家庭と仕事両立出来てないね‥‥
  家庭もダメ仕事もダメ

  これはこの記事を作成し始めた9月11日のツイートなんだけどねメンタルダウン中


3 7:08 AM · Aug 27, 2018(2018年8月27日午前7時8分)投稿
  おはようございます!朝から少し興奮(ちょっとした怒り💢)してしまった結果
  
  血圧上157下118

  心臓の動きが活発すぎるのかな。

  興奮理由については後述する。


スポンサードリンク




4 8:37 AM · Aug 27, 2018(2018年8月27日午前8時37分)投稿
  
  ちょっと最近自分壊れてきてるなぁ‥‥

前記事のこれを始め
https://www.ysketom.com/entry/2018/09/10/%E6%9C%80%E8%BF%91%E3%81%AE%E7%8B%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%8B%E3%82%89_DWS%EF%BC%88%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%82%B7%E3%82%B9www.ysketom.com

最近色々な企業に苦情という名の喧嘩をふっかけていることを差している。

Y社への苦情


ここからが本題
カード審査最短2分で完了ポイント付与

なんて嘘じゃん 3時間近く待たされた…というお話です。 

結局当ブログ最大級の文字数になってしまったが、大企業に苦情言ってもこんな感じっていうのと最後に豆知識あるので、ゆっくり熟読すると10分以上かかると思う。

はからずもこの当ブログ代表作というかメインテーマ
最愛の妻への想い・夫婦について・ワークライフバランス・子育てについての苦悩・後悔。当ブログの想いが詰まっている。
www.ysketom.com
と同等の文量となった超大作であるが是非どうぞ。


Y社は「最短2分で(クレジット)カードをオンラインで審査完了」と謳っていた。

8月27日早朝
前日夜に落札したバーバリーブラックレーベルのトートバッグ
無事入手した現物
f:id:ysketom0820:20180915073702j:plain
f:id:ysketom0820:20180915073717j:plain
意外にボロボロだった…送料合わせて約10000円

の支払をしようとしていたところであり、3000円分の値引きしかもオークションに適用できる(自己負担7000円で上のブラレのトートバッグが入手できる)ことから早速入会し活用することにして午前6時04分審査を申し込んだ。

数分で引き落とし用の口座は登録完了し、審査完了をいまかいまかと待ったが、なかなか審査が終わらない。
f:id:ysketom0820:20180914213623j:plain
確かに最短2分と表示されており、すぐオークション決済に活用すべく審査完了を待った。

だが、待てども待てども審査は完了しない。朝のうちに入金できれば、それだけ配送も早くなるかもしれないのに…
このとき私は「最短2分」という項目に期待し、せいぜい待たされても数十分であろうと思った。なぜならそれが許容される範囲であると感じたからだ。

だが、なかなか審査が完了せず一時間二時間と経過し「審査完了まで今しばらくお待ちください」の画面をいらいらしながら眺めていた。

そしてやっと2時間50分後の午前8時54分審査が完了し、後日カードが送られてくることとポイントが使えることとなった。


スポンサードリンク




そして、私は午前9時07分即刻3000ポイントを活用してオークション決済は終えた。

前日深夜に出品者から送料込みの支払額確定の連絡が来ていたわけであり、早朝だったがすぐ決済し落札した品物を早く手に入れたい一心だったのにまさかまさか3時間近くも待たされるとは思わず、「ぷっちーん」ときてしまった。

すぐさま表示されている連絡先である「コンタクトセンター」というところへ電話した。これがまた曲者だった。
ナビダイヤルという全国共通の「0570」から始まる電話番号で、各種企業団体・公的機関において、問い合わせや様々な契約変更退会手続きなどに用いられている。NTTコミュニケーションズが運営している。

しかしながら、これがまず通話料が掛けた消費者負担であるのにまず、第一段階で「60秒ごとに10円」の通話料が請求される。無論、携帯電話会社等各キャリアでプランとして提示されている定額通話料の埒外である。

この辺の消費者無視の業界の病みにも触れる機会があったら触れたい(私が消されたりしなければ)

また、電子音声に従って段階が進むと切り替わり「20秒ごとに10円」の通話料を請求するという凶悪なシステム、私はそこにひるむことなく抗議の電話を入れた。もしかすると抗議・異議苦情・意見要望を遠ざけるためのものではあるまいか。そう思ってしまう。

コンタクトセンターの女性オペレーターは「時間がかかった理由は開示できない」「人によっては3,4日かかる者もいる」!「時間帯にもよる」「いずれにしても審査にお時間を頂戴する場合はある」と抗弁した。

私は

  1. 「そうは言っても判例ももしかしたらあると思うが待たされる時間にも限度があり許容される範囲・時間がある」
  2. 「この場合待たされる限度許容できる時間はせいぜい数十分から1時間程度までではないか」
  3. 「最短2分とうたって置きながら2時間50分は時間を要しすぎである」
  4. 「与信情報を確認する外部機関が受付時間外だったのではないか」
  5. 「最短2分という謳い文句のバナーは、消費者をどんな時間に申し込んでもそうなんだろうと誤信させるいわゆる『過大広告不当広告過当表示』ではないか」

と追及した。

そして担当部署や、もっと重要な判断を下している上司に電話を替わるように言った。これを読んでいる方々自身賛否両論あろうと思う。「何をこんなことで苦情言ってんだ」とおっしゃるかもしれない。でも考えて見てほしい。商取引上決済は早いに越したことはないし「最短2分は嘘」ということが言える。そんなバナー広告をいけしゃあしゃあと出し続けるなんて断じて許せなかった。(狂ってるのかな)

この女性オペレータは
    

  • 「上司も回答は一緒である」
  • 「意見はしかるべき部署へ貴重な意見を賜った旨引き継いでおく」

のみだったので私はゼロ回答であると感じ、こんな長時間こちらから電話をさせた不備を追及するとともに、責任者を出し折り返し電話をするよう要求した。


スポンサードリンク




結局「コンタクトセンター」のいわゆる「オペレーター」から「リーダー」(管理職だそうだ。センター長・次長・その次だそうだ。次長が複数いるかもしれんがNo.3ということになる。電話で向こうがそう言ってるだけだけどね)に代わり、やっと折り返し電話を頂いた。が、回答自体は変わらなかった。

私の主張・抗議の内容は以下の通り
   

  1. 「なぜ2時間50分もかかったのか。最短2分という広告によって期待される許容限度を明らかに逸脱した長時間待たせている。いわば不法行為である。最短2分と言っておきながら2時間50分かかった理由を開示せよ」
  2. 「時間がかかるのであれば最短2分は不当表示であるからしかるべき部署へ意見具申し改善させるべきではないか」
  3. 「意に沿えなくとも、社内で検討した結果をこんな電話ではなく文書等で正式に回答しろ」
  4. 「最初に対応した女性オペレーターは私が要請するまで(約35分)折り返し連絡するという措置を講じてくれなかった。つまり下手するとこの通話だけで約700円通話料を支払うことになる。そんな苦情対応は断じてあり得ない。なぜ折り返し電話するよう申しむけなかったのか」

普通苦情対応電話対応であれば、客先からかかってきたものであれば、用件を伺い担当部署を見極めすぐ繋ぐことも大事だが、用件の内容によっては時間がかかるのであれば、客の連絡先を聴取し折り返すのが基本であろう。
この女性オペレーターは自らの対応で苦情を言ってきた私を納得させようと…いや諦めさせようとして延々と対応したのである。その点も抗議したのだが…

ここでこのカード会社の部署は外部委託かどうかは知らないが「コンタクトセンター」だ。この上司でも埒が明かないので、コンプライアンスを担当する「お客様相談室」「広報対応をする部署からの返答」を求めた。

要は「コンタクトセンター」の対応不備と、「最短2分審査の不当バナー」について会社本体へ問うこととした。「リーダー」は渋々了承し「お客様相談室」が後日対応する旨を述べるとともに長時間通話をさせた女性オペレータの件については詫びた。


スポンサードリンク



そして9月4日福岡に所在するというY社のカード部門の「お客様相談室」の「リーダー」(管理職)から電話を受けた。「またリーダーかよ」「どんな役職なんだ?」と思った。

私は、コンタクトセンター自体の対応の不備について上記と同様

  1. 「なぜ2時間50分もかかったのか。最短2分という広告によって期待される許容限度を明らかに逸脱した長時間待たせている。いわば不法行為である。最短2分と言っておきながら2時間50分かかった理由を開示せよ」
  2. 「時間がかかるのであれば最短2分は不当表示であるからしかるべき部署へ意見具申し改善させるべきではないか」
  3. 「意に沿えなくとも、社内で検討した結果をこんな電話ではなく文書等で正式に回答しろ」
  4. 「最初に対応した女性オペレーターは私が要請するまで(約35分)折り返し連絡するという措置を講じてくれなかった。つまり下手するとこの通話だけで約700円通話料を支払うことになる。そんな苦情対応は断じてあり得ない。なぜ折り返し電話するよう申しむけなかったのか」

少し要約しよう。要は
    

  1. 電話を掛けた客にナビダイヤルの通話料を負担する形で延々約35分通話させた苦情対応のまずさ
  2. 最短2分という不当表示バナー広告の改善の検討
  3. 女性オペレーターの言動にあった「審査に3~4日かかる場合もある」という不適切な言動

について苦情を申し立て、社としての見解なりを検討し文書で回答するよう要求した。

お客様相談室の某リーダーは
    

  1. 苦情対応のまずさ(30分以上客から電話をかけさせた点)
  2. 審査に3~4日かかる場合もあるなどと仮定の話を持ち出し諦めさせようとした点

については謝罪をしたが

最短2分という広告は社の方針の根幹にかかわる部分
であり、消費者からこういった貴重な意見を賜った旨だけしかるべく部署・上層部へ報告するとだけ言い書面回答は拒否した。


スポンサードリンク




不満だが、本社お客様相談室の管理職(室長・次長・その次だそうだ。次長が複数いるかもしれんがNo.3ということになる。電話で向こうがそう言ってるだけだけどね)を引っ張りだしたことになるので引き下がることにした。

とりあえず、私は、効果は無いと思ったが

既に 

  1. クレジットカードの業界団体への電話
  2. 消費者庁の不当表示に関する通報メール済み

であることを伝えた。

そして…‥‥お客様相談室の某は、私のカード利用状況からするとオークションやネット通販等で今後使用する可能性を高いとふんだのだろう。
    

  • これに懲りず是非ごひいきのカードにして頂ければ

    

  • カード利用の限度額*1も大きくしてあります

ん?と思ったが、癪だがオークションや通販で使用することは考えているので

「おたくのところとは二度と取引しない!」

などと啖呵を切ることはせずに電話を終えた。

カードの利用限度額について補足

カードの1日あたり利用限度額は多い方がいい。5月にエアコンを3台購入した際、使用しようとしたクレジットカードの1日あたりの利用限度額が50万円だったため決済が出来ず恥ずかしい思いをした。

50万円を超える買い物はなかなかしない(当然一括だよ)が、うちのテレビいまだに2009年製世界の亀山モデル・・・・・・今は昔、当時は一世を風靡したが・・・

雑い写真
f:id:ysketom0820:20180915071041j:plain

f:id:ysketom0820:20180915071100j:plain

テレビ単体で50万円超えるものを買うか?というとyesともnoとも言い切れない。が限度額50万円では今のカード社会いくら庶民とは言え財布に諭吉を50枚詰めるわけにもいかないんだから・・・(そのときはホントに預金を降ろし諭吉50枚現ナマ運んで払った)

要はテレビ・BDレコーダー・ビデオカメラはかなりの優先度で購入予定ありということだが、高額な現金を持ち歩く危険性を考えるべきだ。

それに庶民ではない貴族様であればお財布に諭吉が50枚を超える枚数があってもおかしくないだろうが普通の中流家庭が財布に諭吉50枚も詰めないだろう。ノートPC買うつってもそんないらないしね。

実店舗がいいかネット通販がいいかは所論あり私見もあるがここでは触れない。

ネット通販に利用するクレジットカードであっても一日あたりの利用限度額あるから気を付けてね。数万、十数万の買い物を一日でちょこちょこ行った場合も同じカードなら50万が限度額なら使えなくなるのでそこ気を付けてね。

ええと、同じ項目を重ねて記載したりしたので一概には言えないが最大級の文字数になっちゃいました。

ちなみに最後になるが、私の与信情報は真っ白けっけ、黒い点一つもありません。住宅ローンだけあるけどね。だからなんで時間かかんねんって思って苦情したんだけど…

これってクレーマーかな? 

結局公開まで4日かかってしまった。



当ブログ「ママに会いたい」は死別ブログランキングに参加しています。クリック応援して頂けると励みになります。応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ

*1:150万