ママに会いたい 最愛の妻との 死別

2017年12月1日、最愛の妻と死別し、突如父子家庭となり11歳の長男、10歳の長女、3歳の次男の子育てに悪戦苦闘しながら、前に進んだり後ろを向いたり横を向いたりする日々を綴る雑記ブログでである。

幼稚園の2歳児ルームへ「12月編」(3)

楽しい昼食会が終わり、流れ解散となった。私は今後のことを相談するため事務所へ寄った。
市役所からは(下記の「市役所に駆け込んだ」を参照して欲しい)
www.ysketom.com

転園については「可能だが、家庭状況を勘案し点数をつけて審査した結果によるので幼稚園として入園が内定していてもそれはそれで考慮はされない」と言われていると伝えたが、幼稚園側はいわゆる二号認定、保育標準時間(7時〜18時)で受かるかどうかについて「多分大丈夫ですよ」と言った。

こども園移行初年度のために保育二号認定児受け入れ予定数はごく若干名と聞いている。(パンフレットには1名とあるが‥‥)そもそも幼稚園児として入園内定者でいっぱいなのでは?とか思ったが‥‥‥‥

だが、逆に言えば幼稚園児として入園内定者が、二号認定を希望した場合幼稚園が受け入れ可能な人数分だけ都合がつく?





期待と不安がないまぜとなったが、幼稚園側の説明を受け大体腹は決まった。来年度からはこの幼稚園(こども園)に転園を希望する。そう決断した。この時まだ12月なのでそもそも1月から入園する保育園も決まってはいない。

だが、仮に空きがあって入れそうな保育園に決まった場合、その保育園は3歳(年少)までが期限となっている。つまり次男の場合平成31年3月までしか預けられず、以降はまた、何れかの保育園・こども園へ転園しなければならない。

年中からの転園となれば、通常こども園はよほどのこと(不評・引っ越し等)がなければ空きは生じないだろう。今のうちに年少(平成30年4月)からの転園を希望しておけばスムーズに事が運ぶ。それを見越しての決断だ。

改めて入園案内をもらい、帰宅の途につく。次男は幼稚園の園庭で遊びたがっていたが、長男長女のお昼がまだなのだ‥‥





帰宅してから、長男長女にうどんかラーメンを作って食べさせた‥‥‥‥と思うがこの辺はあまり覚えていない。次男は幼稚園で緊張の中でもいっぱい遊んだことからグッタリして昼寝に入った。私も疲れたが次男が喜んでくれたので良かった。夕方からはまた母が来てくれるから少し休もう‥‥長男長女の昼食の後片付けもそこそこに、次男と一緒に昼寝をした。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
沢山の方に読んで頂けたら嬉しいので応援よろしくお願いしますm(_ _)m