ママに会いたい

突然逝ってしまった妻への思いを吐き出すと共に、11歳の長男、9歳の長女、3歳の次男を育てていくため悪戦苦闘する日々を綴ります。

2005年見に行ったアニメ映画の主題歌「春うた」

今週のお題「わたしの春うた」

今度は正真正銘春の歌だ。

2005年4月20日リリースされた

ZARD 「星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように」

私はどちらかといえば「夏を待つセイル(帆)のように」の方を推したい。

www.youtube.com

2005年は、妻と結婚した年だ。この年の4月は、仕事面では「昇進」を控えて多忙な日々を送り、私生活では、当時は交際中の妻と結婚が決まり、挙式披露宴の日程(秋)を決めた頃だ。そろそろ本格的に結婚準備に入るところ、一番 楽しい頃だったように記憶している。

そんな中で、妻と私は2人とも二十代半ば、結婚目前の恋人同士、今思い出すと非常に辛くなるほど、楽しい遥か遠くの頃、2人にとって「結婚」という「happy end」すなわち、夫婦となってずっと明るい未来が待っていると思っていたあの頃。

いつものようにデート、今日は映画を見に行く。たまにはアニメ映画でも、ということで、妻と2人きりで見る最初で最後のアニメ映画となった「名探偵コナン 水平線上の陰謀」を見に行った。

2005年4月9日公開、劇場版名探偵コナンシリーズの9作目。上映時間は107分。興行収入は約21.5億円。

本作は「映画タイタニック」を元にした演出や、ほぼ全て海上の豪華客船を舞台としており、普段は的外れな推理でコナンを困らせてい毛利小五郎が、劇場版で初めてほぼ単独で真相を突き止め真犯人を追い詰める展開となっている。なかなかない珍しい構成であり、小五郎ファンとしては堪らない展開だった。

と、映画の紹介の方が先行してしまったが、当時2人とも大好きだった「ZARD」がタイアップして映画の主題歌を歌うということが大きく、二十代半ばにもなってアニメのコナンの映画?という点は大きな争点にならず、たまにはアニメもいいかな。という感じで妻を誘って見に行ったのだ。

私はZARDが昔から好きだった。それこそ妻と出会う前からよく聞いていた。(「ZARDの歌マイベスト5」なんて記事を書く機会があればやりたい)
「夏を待つセイル(帆)のように」はなかでもお気に入りの歌だった。

当時2人とも結婚に向けて準備を進めているところで、恋人同士としてのボルテージは最高潮だったと思う。2人とも、ひとつの夢に向かって突き進んでいる真っ最中だった。

君のことをずっとずっと抱きしめていたかった‥‥‥‥でももう永遠に叶わない。

でも、後悔ばかりしていたくはない。「今まで本当にありがとう」と何度でも沢山言い続けて、生きて行くよ。


応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ