ママに会いたい 最愛の妻との 死別

2017年12月1日、最愛の妻と死別し、突如父子家庭となり11歳の長男、10歳の長女、3歳の次男の子育てに悪戦苦闘しながら、前に進んだり後ろを向いたり横を向いたりする日々を綴る雑記ブログでである。

緊急事態 今度はにいに高熱でダウン

www.ysketom.com

続きです。

小学校からの電話は午後2時前‥‥

にいにが38.5℃の高熱だという。食事を摂る間も無く、すぐ迎えに再び小学校へ。

迎えに行ったところ担任の先生が付き添い保健室で休んでいた。保健室の先生(養護教諭)は今日は不在だそうだ。

にいにのクラスの今日の授業は午前中4時限のうち1.2時限が家庭科の調理実習で、にいには家から持っていった食材(卵、ウインナー等)で卵焼き等を作ったそうだ。

3.4時限がスポーツ測定(50m走等)だったという。日差しが強くかなり蒸し暑くなっていたが‥‥何とかそこまでやり遂げた後ダウンしたようだ。給食はほとんど食べれずデザートだけ食べたという。

持参した水筒は空っぽでにいににしては珍しいが、にいにの水筒は容量が500mlしかない。
ちょうど昨日夕方ピアノ教室を終えたねえねをお迎えに行ったときにホームセンターでねえねに容量が1Lの新しい水筒を買ったところだったので、容量の足りなさを如実に感じた。にいに元々あまり飲まないが‥‥にいにも1Lくらいの容量の水筒にしようと思う。




にいにも久しぶりの高熱、少なくともここ数年、怪我のときを除いてこんな高熱出たときなかったのでだいぶぐったりしたご様子。
先生にお礼して、にいにを連れて小学校を出る。ねえねを先程連れてったかかりつけの小児科にすぐに向かった。午後の診療開始前だが、室内の待合室には入れたのでにいにを休ませて時間が来るのを待った。

順番が来て診察を受ける。ねえねと同様、検尿をしたところ脱水症状がある。また、最近ずっと下痢気味だったことを伝え、触診・血液検査などの結果、「胃腸炎」と言われた。幸い重篤な状態ではないとのこと。食事療法の指示と整腸剤・解熱剤を処方された。

にいにの胃腸炎については、やはり出席停止になると言われ、後日治癒証明書を頂きに再診が必須となった。
にいには明日(6/14)の休みが確定した。回復しても最短で土曜日の再診となり、パパの今週の出勤も停止が確定した。(金曜日は千葉県民の日のため、にいにねえねは小学校がお休みのため、パパも合わせて元々休み予定だった。かかりつけの先生も金曜日お休み\(^o^)/)




パパの今週のお仕事水曜午前の数時間Only

帰宅後のにいにねえね看病の話に続きます。

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ