ママに会いたい 最愛の妻との死別

突然逝ってしまい死別した妻への思いを吐き出すと共に、突如父子家庭となり11歳の長男、10歳の長女、3歳の次男の子育てに悪戦苦闘する日々を綴ります。

にいに今年(去年)3度目の入院パパ看病するよ!(1)

www.ysketom.com
続きです。

にいには今回の緊急手術入院で今年(2017年)3度目だ。一度目が8月の旅行後、2度目は10月のワイヤー抜去のための再手術入院だ。全て外傷によるものなので外科的処置が滞りなくすめば完治するはずだ。そう信じている。

11月26日夕方、にいにの病室へやってきた。箱ティッシュとコップ、スプーン、フォークをにいにに渡す。
今にいにの右肘は痛々しく包帯で覆われている。肘には針金というより金属の棒が埋め込まれ、先端部分は肘から突き出ている。痛そうだ‥‥にいに自身、手術からもうすぐ丸一日が過ぎようとしているがだいぶ辛そうにしている。

点滴をしながらだがトイレや病棟内を歩くことは出来るようだ。だがあまり元気がなさそうだ。右手を痛がっている。当然と言えば当然である。看護師さんに言われ熱を測る‥‥「37.0度」やや高い。にいに普段低いし‥‥





術後のレントゲン写真でも見たが、要は肘から前腕部にかけて金属の棒が刺さっていることになる。それも3本も‼︎
想像を超える痛さだと思う。

夕食の時間だ。係員から食事が配膳されたが、にいにはほとんど見向きもせず食べようとしなかった‥‥病院食が気に入らないようで、何度言っても効かない。パパが怒っても懇願しても真剣に説得してもダメだった‥‥‥‥ならばどうするか‥‥本人は、ご飯にかけるおかかのふりかけが欲しいという。病院食のふりかけもあるのに‥‥そっちは断固拒否の姿勢だ。
しょうがないのでママにメールしリクエストしておく。パパとしては病院食を食べるようにして欲しいが全く食事を口にしないのならやむを得ないと考えた。看護師に相談すれば良かったが言えなかった。

ママからメールで「にいににポカリスエットをあげて欲しい」と要望がきたのでそうする。にいににポカリスエットを渡し飲ませると飲んでくれた。ひとまずポカリスエットを飲んで水分補給するように言って病室を後にする。
明日は、職場に行き仕事だ。明後日以降のことも職場に相談しようと思う。

続きはこちら
www.ysketom.com


応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ