ママに会いたい

突然逝ってしまった妻への思いを吐き出すと共に、11歳の長男、9歳の長女、3歳の次男を育てていくため悪戦苦闘する日々を綴ります。

にいにの右手モンテジア骨折(1)

ついにここまで来たかという感じだ。上記の題名だけは2月半ばに考え保存した。
しかし、まず前段の「夏の旅行編」
www.ysketom.com
から語って行くのが先決と思い、夏から語った。
まあ、夏キャンプ→にいに骨折→入院手術(ワイヤーで固定)→秋再入院手術(ワイヤー抜く)→まもなく完治という流れだったのだが‥‥

11/12ドラえもん展に行った。
www.ysketom.com
この頃にはすっかり良くなり、12月からはプール教室への復帰も見えてきたところだった。

11月最後の土曜日の午後、パパは家で新しく入れるケーブルテレビの設置工事の立会い中だった。にいに達子供達は外で遊んでいた。
にいにだけ室内に戻ってきた‥‥早口で「ケガしたから休憩する」と言って足早に2階へ向かった。‥‥ケガ❓よく聞き取れなかったが「休憩する」と言ってたが‥‥





ついでママがけんけんとともに外から戻ってきた。ママがにいにはどうしたかと聞いてきたので「休憩すると言って2階に行ったけど」と言うと、ママはそのままにいにの様子を見に2階へ行ったかと思うとパパを呼んだ。

工事の立会い中だが一寸中座する旨業者に伝え2階へ行くと真っ青な顔でベッドで横になっているにいにとママ「にいに転んで右手を打ったみたい」と言う‥‥‥‥にいにまたかよ‥‥と思った。どうしてすぐ言わないんだ?と思った。早口で「ケガした」と言ってたようだが‥‥パパも業者対応中であったので、通り過ぎた際に捨てゼリフのように言われても‥‥と思ったがとにかく右手を確認する。右手が肘から下の部分が動かせないと言う‥‥また、右肘部分がボッコリ腫れている。

右手骨折してるな‥‥と思い、工事は終了したところであったので説明もそこそこに工事業者は帰ってもらい、すぐ左手を治療中だった病院へ電話し、「左肘の骨折治療中であること、担当医は整形外科の〇〇先生である」ことを伝え、何とか了解を得て、タクシーを呼び、にいにと2人で病院へ向かった。


少し短いですがこの辺で。

続きはこちら
www.ysketom.com

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ