ママに会いたい

突然逝ってしまった妻への思いを吐き出すと共に、11歳の長男、9歳の長女、3歳の次男を育てていくため悪戦苦闘する日々を綴ります。

当時まだ2歳次男けんけんの心臓検査(2)

www.ysketom.com
続きです。

「何とかならないんですか?また後日改めてとか言われても困ります。最後までやって下さい。」

私も事態に困惑したが、粘りに粘った。今日検査が完了して初めて年内診察・診断書作成、受領提出への道が開けるのだ。

粘った結果看護師から「点滴を打って検査できるか検討する」と言われた。ただ、点滴は効果が高い反面、そう簡単に覚醒しないという。眠らなくてもぼーっとした状態になり検査できるが、鎮静効果が解けて覚醒しなければ泊まりになる(入院)かもと言われた。私は次男の身体に与える負担も考えたが、点滴をお願いした。





医師の指示・管理下じゃないと出来ないということで医師の手が空くのを待つ。医師の診察の予約じゃなく無理矢理ねじ込んだ形になるので恐縮したが、とにかくやって頂けるということで医師にお願いし、点滴を打ってもらった。

鎮静剤を点滴で直接の投与したことになり、効果はすぐ現れ、検査技師が心電図検査に取り掛かった。結局完全には眠らず、泣きながら意識が不鮮明になった状態で虚ろに薄目を開けてこちらを見ていた。思わず「辛い思いをまたさせてしまった」と思い泣きたくなるが、何とか堪えて検査が終わるのを待った。

心電図検査は数分で終了となり、後は覚醒するのを待つだけとなり、また移動し、小児科の一室に移った。当初から眠らず、目はだんだん覚めてきていたが身体がフラフラしており、横にならせ安静にしながら付き添った。そこにはモニターがあり、アンパンマンの映像を見せながら回復を待った。





当初から泣き叫んでいた疲れもあっただろうが、なぜか次男が「決して病院では眠りたくない」という固い決意でもしているんじゃないだろうかと思うほど眠ることはなくむしろ意識は早くに鮮明になり、アンパンマンを見ながらも早く帰りたい帰りたいと抵抗を示すようになった。
しかしながら意識とは裏腹に身体の方は覚醒しておらず、フラフラしておりまともに立って歩くことは出来ない様子だった。どうせ抱っこなら変わらないとも思ったが、医師から帰宅の許可が出るまで辛抱強く待った。

日が傾き、夕方になろうとしていたところ、次男はやっとシャキッとしてきて、医師から帰宅の許可が出た。
今後は、検査の結果を受けて年内(年末になった)担当医の診察・診断書作成になる。結局担当医の都合で診察は年末になってしまったが、こちらの事情を組んで頂き、担当医の診察後すぐに診断書は作成して頂けるということだった。そもそも検査結果次第だが、通常の保育園生活の可否がどうなるか不安だったが、診察は後2週間近く先となった。やるべきことはやったのでひとまず置いておこうと思った。

応援よろしくお願いしますm(_ _)m にほんブログ村 家族ブログ 死別へ