ママに会いたい 最愛の妻との死別

突然逝ってしまい死別した妻への思いを吐き出すと共に、突如父子家庭となり11歳の長男、10歳の長女、3歳の次男の子育てに悪戦苦闘する日々を綴ります。

娘からのチョコ

今週のお題「バレンタインデー」
娘から手作りチョコを今朝貰った。小さいハート型のチョコだった。これを打っていて、写真を撮っておくべきだったと後悔した。次男と一個づつ朝出発まえの慌ただしい朝食時に頂いた。次男はチョコで機嫌が幾分好転し登園準備が捗った。

先だって
www.ysketom.com
このように述べたところだったが、可愛い長女から全く貰えないのも寂しいし、少なくとも長女は私のことが大好きなはずだと思い長女に今年はチョコどうするのか聞いてしまった(・_・;昨年秋に手作りチョコケーキの材料を購入しており、手元にそれなりに材料はある。催促するようで嫌らしかったが、長女は13日火曜学校から帰って作るという。今は母が来ているためチョコ作りのバックアップは問題なさそうだ。友達など誰に渡すのか少々気になるが渡す相手はいないこともないようだ。





そんな訳で昨日作ったという手作りチョコを今朝早速頂いたのである。さて、そうは言ってもあくまで娘から、である。あくまで娘から、である。大事なことなので繰り返した。長女には「ありがとう。美味しいよ」と言ってハグしたが、あくまで娘である。世間的にやや浮かれた感じがするこの商戦期。お菓子メーカーの陰謀感が高く、今年などは、宝クジまであやかって「バレンタインジャンボ」等と銘打つ始末。職場でも数日前からやや浮かれた空気が漂っていたため特に今日は、通勤時から厭戦気分である。娘は別枠と捉えており、あくまで貰いたい相手は「最愛の妻」であり、もう永遠に貰えない相手となり、私には縁のないイベントだ。

私の大事な娘である長女がチョコを渡す相手については非常に気になるがまだ小学3年。なんてことは無いだろう。そう信じたい。でも、長女は幼稚園時代相思相愛とされる同級生の男の子がおり、心配だったが、そこは幼稚園児であり、そこまで本気では無かった模様。卒園後はその子と疎遠になり、卒園式の日に一緒に写真を撮ったのがいい思い出だったと思う。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
応援よろしくお願いしますm(_ _)m